早めの手続き



廃車をおトクに

早め早めの手続きで

もう乗らないというクルマがあるのなら、早めに廃車の手続きをされることをお勧めします。 その理由は、第一に、クルマを所有しているだけでお金が掛かるからです。 毎年、4月1日時点でのクルマの所有者に対して、自動車税の課税が行われます。 自動車税は、1年分を先払いする仕組みになっていますので、4月に入ったとたんに1年分の税金の支払い請求が後日届くことになります。

この自動車税は、廃車の手続きをすることで、残っている月数に従って還付されます。 それ故に、もう乗らないということが明らかなのであれば、月末までに早めに廃車の手続きをすればするほどに多くの税金が戻ってくる可能性があります。 逆に、1日でも翌月に入ってしまえば、その月の分の税金は戻って来ません。 忘れないうちに、月が変わってしまわないうちに、できるだけ急いで手続きするのが良いと言えるのです。

廃車を急ぐ第二の理由は、できるだけ早い方が、わずかであっても高く売れる可能性があるからです。 廃車となるクルマは、それ以上は公道を走らないということでクルマとしての役割を終えますが、部品については、まだまだ現役で使えるものが多数“くっ付いて”いるのです。

クルマも、そしてそんなパーツも、消耗品であり時が経つに連れてどんどん古いものになって行きます。 実際に、サビついたり、色あせたり、傷んだりして来るものです。 どんなものでも、新しくてキレイな方が当然のようにたくさん売れますし、顧客もそれを望みます。

ですから、廃車をするのであれば、廃車買取を專門に行なっている業者に買い取ってもらって、もう使わないクルマであっても多少なりとも売渡金を回収するのが良いのです。 そして、それはできるだけパーツが新鮮な方が、廃車後により高く取引されることになる訳ですから、早く売るに越したことはないのです。 入手が困難になった中古パーツが高値で売買されることもありますが、それはどちらかと言えば懸賞に当たるような話であって、いつもいつもそうなるとは限りません。

また、もう廃車にするしかないと思われるクルマだとしても、そのクルマ自体が再利用される可能性もゼロではありません。 海外に行けば、10年、20年落ちの日本車が、現役で街中を走っている姿はよく見かけます。 とにかく、廃車にするならできるだけ早く、そしてできるだけ高く売ってしまいましょう。